国内外証券会社のレポートの要約です

こんにちは、

国内外証券会社のレポートの要約です↓



【G証券】

金融危機以降、常に完成車を上回っていた利益率は来期以降の
格差が縮小していくと予想。個別では、系列外への拡販や
新興国拡大を通じ利益成長を遂げる銘柄を選好。デンソー、
日信工業、FCCを推奨しています。


【U証券】

景気敏感株の組入れを徐々に高めるべき時期に入ったと解説。
投資アイデアとして、過去60日間リターンが低く、ネット
キャッシュ比率が高い企業に注目。イビデン、JSR、日立化成、
大平洋金属、ウシオ電機、ファナック、日東電工、日信工業、
ケーヒン、リンテック、任天堂、ミスミG本社を紹介しています。


【M証券】

自動車セクターのレポートで、2009年以来の構造対応効果が
2012年から集中する新製品循環で具現化することを想定して、
「2012年の最も有望な投資先」と解説。個別ではホンダを
トップピックに、日産とスズキを買い推奨しています。


【D証券】

第2四半期または上期の会社計画に対して業績が上振れそう
な銘柄として、日立、三菱電機、富士通、富士電機を、
下振れそうな銘柄として、東芝、ルネサスエレク、オムロン、
ローム、エルピーダを紹介。注目銘柄として、東芝、三菱電機、
エルピーダをピックアップしています。




↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


FXニュース | 2011-10-07(Fri) 14:12:33 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース