FC2ブログ

今夜発表 ADP全国雇用者数 最近の傾向は?

皆様、こんにちは。


■ 現状の展開


・「米債務上限引き上げ問題」が一応の決着となり、最悪の
ケースは避けることができましたが、米国経済の減速と
米国債が格下げの可能性もあり、ドルを買う動きがみられ
ません。


・毎月の第一週は、重要な経済指標の発表が多いのですが、
市場参加者の注目は週末の米雇用統計です。
そして今夜は米民間企業による雇用統計(ADP全国雇用者数)
の発表があります。

週末の雇用統計とADP全国雇用統計の関連性が低い時も
ありますので、仮に今夜発表のADP全国雇用統計が良い
結果となっても、週末の雇用統計の中身も良いとは限り
ませんので、注意は必要です。





■ここ数か月間のADP全国雇用者数

今夜発表のADP全国雇用者数は民間による数値ですが、
過去平均すると、およそ30~50P(発表後1時間)は
動きます(ドル/円)。

ドル/円の過去3か月の推移を確認してみると、

5/4  発表後1時間で約25P下落し、その後も下げ続け
   ADP全国雇用者数をきっかけに80P下げるという
   結果になりました。

6/1  約55P(発表後1時間)の下落、しかしこの
   時の動きは指標発表後、5分間だけの動きで、その
   後は横ばい状態が続きました。

7/7  発表後15分で35Pの上昇。その後はほぼ横ばい
   での推移でした。



この様に、ドル/円でも発表後はそれなりに動くので、
ユーロ/ドルなどは更に反応するので、発表前後の価格
の上下には注意しましょう。


ちなみに、前回のADP全国雇用者数は15.7万人で、
今回の市場予想の中央値は10万人です。



今の市場心理は、よっぽどのサプライズでない限り、仮に
良い数値がでてもドル/円の反応は限定的で逆に予想値より
悪い場合には、過敏に反応するとみています。



中期的なトレンドは「下向き」であることは忘れない様にしてください。







↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

にほんブログ村
スポンサーサイト





未分類 | 2011-08-03(Wed) 11:52:54 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース