「FXトレード 今日の急所」2011 0725

こんにちは、


以下、サザインベストさんに投稿をした記事になります↓


------------------

市場の注目はユーロ圏の財政問題から、米国の債務問題
にシフトしつつあります。引き続き要人発言には注意を
払う必要がありそうです。



■ 昨日のFX市場

・先週末は米国の債務上限問題の見通しがたっていない
状況下で、ユーロ圏首脳会議で対ギリシャの追加支援が
合意した報道が流れると、1.44前半までユーロが買われ
ました。

一方、ドル円はロンドン時間にユーロ円の上昇を受けて
78円80銭台まで上昇する場面がありましたが、依然と
して上値が重い展開が続いています。




■ 本日の展開


米国債務上限問題の期限が迫っている中で、会談の見通しが
たっていない事で、オセアニアタイムでドルが売られる
局面がありましたが、先程の報道では会合の日時は決まった
とのことです。

この様に、債務上限問題の行方を見守りたいとのことで、
米国だけでなく、中国などアジアの要人発言も市場に流れ、
一喜一憂しています。

また、「市場介入」についての質問も頂いていますが、
日米の株価が安定していることを考えると、「実弾介入」
に踏み切る材料がまだまだ乏しいと思っています。

しかし、このまま76円台を目指す動きが止まらない、
またこの水準を下回るとストップを巻き込んで、更に
円買いが加速するする可能性が高いために、警戒ゾーン
に入ってきていると考えています。




■ 本日のピックアップ

:ユーロドル

下のチャートはユーロドルの日足平均足改良版に
ロウソク足を加えたものです。



s0725.png




中期的には高値が切り下がり、ダウントレンドが続いて
いることが分かるかと思います。

ここ最近のユーロ(対ドル)は平均足改良版でも
買い継続を示していて(陽線:水色)、ドル売りを背景に
力強い動きが続いています。

しかし、4月からの傾向をみてみると、レジスタンス
ラインで平均足改良版が陽線から陰線に変わっている
箇所が目先の天井から下落を示していて、中期的に
はこの流れに沿ってトレードをしていれば、大局は
外すことはなくなっています。

中期的なトレンドを把握することにおいても、
「平均足改良版」は見やすいだけでなく、テクニカル上
のダマシも少ないことがお分かりだと思います。



本日を含めてここ数日間は、このレジスンスを突破
するのか? このレベルが意識されて再び「陰線」と
なって目先のトレンドに変化が起こるのか?

重要なポイントになりそうです。

決してフライングすることなく、転換を確認してから
でも、エントリーは遅くありません。

今週も宜しくお願いいたします。






↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

にほんブログ村
スポンサーサイト


FX改良版チャート | 2011-07-25(Mon) 14:43:24 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース