国内外資系レポートのまとめです。


こんばんは、

国内外のレポートのまとめです。


M証券】
ユーロ高恩恵銘柄、資源株、関西関連株、代替エネルギー
関連株などに注目しています。
4月は「日経平均10000円前後で一旦戻り売り、9000円以下
で買い出動」の手法を推奨しています。



【国内M証券】
日経平均のテクニカルでは、週末の反発で25日線を上回り、
引き続き200日線が戻りメドとして意識されていると指摘。
オシレーターではMACDが陰転しなかった事から目先底堅い
状況が持続する可能性があると見て、今週の予想レンジを
9400円~9900円に設定。上値は年初来高値10891円からの
下落幅に対する61.8%戻しの9873円がポイントとの事。



【国内S】
日経平均テクニカルでは、200日移動平均や10000円などを
戻りメドに、週足一目均衡表基準線や29日安値9317円を
下値メドとして想定しているとの事。



【T】
日経平均は3月14日のローソク足9578円~10049円に挑んで
いると指摘。押し目買いを入れる場合でも、「日経平均が
9000円台前半まで下げるのを待ちたい」とコメントしています。



【外資C】
自動車セクターのレポートで、業績悪化と回復の遅れは
まだ十分に織り込まれていないとの事。
セクター投資スタンスを「買い」から「売り」に引き下げ。



【外資M証券】
インターネットサービス業界のレポートでは、震災の
直接的な影響はほとんどないと指摘。業界投資判断
「アトラクティブ」を継続、3か月の投資魅力度をグリー>
ディーエヌエー>カカクコム>楽天>ミクシィ>ヤフーの順に
設定しています。



【国内D証券】
TOPIXのBPSは約835のため、11年1~3月期で10兆円以上の
税引赤字にならなければ800ポイントを維持できるとの見方。
個別では、京セラとユニチャームをモデルポートフォリオに
新規採用しています。



【U外資証券】
生産設備への被災大きい信越化学、三菱ケミカルHD、日立化成を
除けば1~3月期の利益減少は限定的と指摘。
好決算がコンセンサスのカネカとエアウォーターの株価下落を
警戒しています。





↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

にほんブログ村
スポンサーサイト


225先物ニュース | 2011-04-11(Mon) 18:55:39 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース