上昇期間が短いドル円相場、目先と中期トレンドの両方を確認する必要あり

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


■先週のドル円は、注目されていたFOMCでの10月からの
バランスシート縮小開始決定と不透明だった追加利上げに
対する利上げコメントから米金融政策は十分なほど
順調なレールが引かれたと思いたいところです。



■しかし、その米ドルの強さを表すドルインデックスの動きをみると、
全くその片鱗もない状況が続いています。

通常のセオリーでみれば、「米景気回復→株高→ドル高」と
考えるのが正攻法です。しかし、ドルインデックスの動きは、
未だに一貫してダウントレンドの渦中で戻り売り優勢となっています。


■これだけ金融正常化且つ追加利上げを行っている米ドルですが、
戻り場面が売られやすい理由は以下にありそうです。

北朝鮮リスク:
米国と北朝鮮のチキンレースになっていますが、日増しにそのけん制が
強くなっていることがわかります。特に週末22日に「太平洋での
水爆実験」示唆、米朝で威嚇の応酬が強まっています。




物価目標が2%から乖離:
景気回復や雇用情勢を見る限り何の問題もないとみている米国にも、
物価動向においては、一向に上昇の気配がみられません。
特に、7月コアPCEデフレーター (前年比)においては、1.4%と
低水準ということもあり、今週末に発表される数値も期待が持てない状況、
更に今後、ハリケーンの影響もでることから
このデフレーターには警戒したいです。



トランプリスク:
これまでもトランプ大統領をサポートする首脳陣の交代劇は未だ
不安定です。未解決なロシアゲート疑惑、保護主義色を強める中での
メキシコ国境の壁建設と奇抜な政策が故に今後も不透明が
強く残ります。

以上のことが本気でドルを買いきれない理由で、今後もドル円を
みる上では、この米ドルの強さが無ければ、大幅な上昇は
見込めない展開も想定されます。




■テクニカル面では・・・

今年のレンジといわれた動きを見る限り、以下のようになっています。

1: 6.25円(18営業日)4月17日安値108.11円→5月10日高値114.36円
2: 5.70円(20営業日)6月14日安値108.81円→7月11日高値114.51円
3: 5.39円(10営業日)9月8日安値107.33円→9月21日高値112.72円

この様に、今回の上昇においてはあまり日柄をかけず上昇し、
そろそろレンジ内の上昇幅に達成することから、調整も
入りやすいとみています。



また、112.85~90円近辺に上値抵抗もあるので注意はしたいところです。




■お知らせ■
↓ ↓
「パンローロング主催」投資戦略フェアが開催されます。



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
FXニュース | 2017-09-25(Mon) 10:51:04 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース