今週の見通し:主要移動平均線が100pips以内で、目先のオシレータは買われ過ぎから下方転換

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。



■先週は、19日にダドリー米ニューヨーク連銀総裁の
労働市場の引き締まりで賃金が伸び、インフレも
再び2%の目標に向かい始めるとの発言で111円台まで上昇しました。

しかし、その後はイベントや主要米経済指標が無かったこともあり、様子見の展開となりました。
また、原油価格が下げ止まったことも、リスクオフを抑制させることになりました。


■ここ最近の米経済指標をは下振れが目立ち始めています。

先週末に発表された米製造業購買担当者景気指数52.1と
予想の53.0に届かず、昨年9月以来の最低水準となり、
米サービスPMI速報値も53.0と予想の53.7に届いていない状況で景気指標が今一つといった感じです。

やはり、年内追加利上げを行うにはインフレ指標に関わる数値が上向く必要性があり、逆に言えば裏づけする必要があるとみています。



■ドル円の日足は、今しばらく「三角持ち合い」を示唆・・・

主要な移動平均線をみると(以下は、23日引値ベース)

1. 50日線...111.22円
2. 75日線...111.27円
3. 100日線...111.80円
4. 200日線...110.91円


■主要移動平均線が100pips以内に集まっているのがわかります。

つまり、ドル円の価格としても居心地がいいのと同時に、
それぞれの抵抗がぶつかり合っているので価格が
意識されやすいのです。

あえて言うのであれば、次の200日線を下方向にブレイク
するのであれば、三度目の正直につられてズル滑りの展開も
可能性としてはあります。











■お知らせ■
↓ ↓
「高勝率を目指す!」【はじめてのFXオプションセミナー】開催!

↓ ↓
明日ののWEBセミナー(YJFX!)では、新オリジナルインディケータを公開!!





■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
FXニュース | 2017-06-26(Mon) 10:31:31 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース