ドイツ銀行の信用不安も円が買われる材料に

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




■昨日は、OPECの減産合意を背景にリスク選好から
一時、101円後半まで買われる場面がありました。

しかし、ドイツ銀行から複数のヘッジファンドが資金を
引き出していることの報道をきっかけに、米株式相場が
急落し、その影響で101円まで下落しました。


■本日は、ドイツ銀行の信用不安が再浮上し、
株式市場への影響を見極めながらの展開を
予想しています。

更に、気がかりであったドイツ銀行の信用不安から
ユーロ発の金融不安が起きてもおかしくはないとみています。

一時的に資本増強のための事業売却であっても、
中期的に資本不足問題は解消しないとみています。

ドイツ政府の援助なしという背景の中では、
顧客の資金引き揚げ問題につながる可能性も否めません。


■一方、原油価格は先日の減産合意をきっかけに
連日急騰で1バレル47ドル台に浮上しています。

しかし、今回の減産合意にはロシアは加わっていません。

生産量からみてもロシアの存在は大きな影響力を持つので、
やはり11月のOPEC会合を控えて50ドル台をキープすることは
難しいのではないかとみています。


こういった信用不安から金融不安が台頭し、
米追加利上げへの影響も軽視できなくなりそうです。

既に恐怖指数(VIX指数)は昨日だけで13%強急騰
しているだけに、一波乱ありそうです。


■最後に本日のトレードポイントです。

昨日同様に戻りを狙う戦略で考えています。ローソク足を
みても上ヒゲの長さからもドルの上値は重そうです。

戻りポイント(4時間足ベース)

・ボリンジャーバンド+1σ…101.22円

・水平線…101.55円



■中期トレンドは未だ下落方向です。

一時的に反発が起きたとしても、値幅は稼げません。

その意味でも中期的なトレンドをしっかりと把握したうえで、
押しや戻りを利用したストレスの少ないトレードを想定しています。

特に、年末まで波乱含みの展開が予想されますので、
今一度期間の長いチャートを見直す時期かと思っています。






■お知らせ■

↓↓↓↓
高勝率を狙う!FXオプションセミナー開催(名古屋)

↓↓↓↓
7時間集中!FXトレーダー養成セミナー(名古屋)

↓↓↓↓
【動画】オリジナルチャートインディケータがダウンローできます!

↓↓↓↓


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
FXニュース | 2016-09-30(Fri) 11:21:35 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース