FC2ブログ

【タイトなストップは考えもの?】 0508

■トレードの経験をある程度積んでくると、「損切り(ロスカット)
は必ず入れること」ということが、本でもセミナーでも述べて
いて、素直にそれを実行している方も多いと思います。

これは大切なことで、大切なお金を守る上で重要なことです。

この損切りが出来なかったこで、大きな損失となり、退場
してしまった多くの投資家も多いのですが、損切りをまめに
してしまい、結果的に「損切り貧乏」となってしまうことも
あります。


■例えば、スキャルピングをしていて、数PIPIS逆に動いたら
損切りをする様なトレードだと、損失は一気に膨らまない
代わりに細かな損失が積み重なってしまうおそれもあります。

また、精神的にきつくなり、トレード自体も楽しくなくなって
しまいます。


■勿論、大金を失わない為にも、損切り(ロスカット)は大切ですが、
そのロスカットを置くポイントはタイト過ぎないポイントに置く
ことが重要です。

このポイントを大きく超えたら、損失が広がってしまうという
ポイントはその状況に応じて、見定めることはある程度可能ですので
タイトな損切りではなく、少し余裕を与えた損切りを設定するも
考慮にいれるようにしたいですね。

今後このポイントの解説は、トレード動画でもアップしますので
ご覧頂ければと思います。



----------------------------------------------

■「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。

下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/
----------------------------------------------




↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2013-05-08(Wed) 18:20:53 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース