FC2ブログ

【トレードは市場に対しても謙虚さが必要?】

■昨年12月からFX会社さん等でのWEBセミナーとは別枠で、
当社主催の「7時間セミナー」というものを開催してきているの
ですが、目的の1つは私もお客様に実際に会って話をする過程を
経て、なんとかこの世界で勝ち残れるお手伝いもできればという
思いもあります。


少人数セミナーでは、皆様の顔も分かるため、今までの失敗を
繰り返さないで、すぐに解説をしたことを実行して欲しいと思いながら
話を進めるようにしています。




■興味深いのは、すぐにその通り実行に移している方とまだ実行までに
至っていない「差」がすでに現れてきている点です。

昨日からトレードを再開し、チャート設定方法や「利」を伸ばす方法等
についても具体的な質問を頂いています。

過去の経験からでも、正しいと思ったことをそのまま実行に移すこと
の出来るかたの「上達度」は早いです。




■実際にトレードをしていても、ある意味「謙虚さ」が必要です。
あるトレーダーによると、市場にも敬意をはらうということです。

相場の世界では、勝っている方の反対側に負ける方がいます。

また全てのエントリーが正しいとは限りません・・・。

そのエントリーが間違いだと思えば、それは謙虚に受けとめて
早めに撤退して資金を残し、その残った資金でトレードを
再開した方が、時間も資金も有効に使える場合が多いのです。



■エントリー&決済が決まっていても、実際にトリガーを引くのは
個々の判断です。トレーダーには色々なタイプの方がいらっしゃいます。

・どんどんLCを躊躇なくできる方、
・含み損を抱えたままの方、
・負けたあとのエントリーが出来ない方、
・待てない方等々、、、
その他多くの特徴がありますが、個別コーチング等で話を
していると、ほとんど解決できる場合が多いです。


■市場(相場)を甘くみていると、本当に痛い目に合ってしまいます。
私自身も少なからず、嫌な経験もしてきました。

但し、自分のエントリーに対しては「謙虚」になり、負けは素直に
認め、その次以降のトレードでは還元してもらうという気持ちを
持っていれば、市場(相場)に対して敵対心はなくなります。

単に打ち負かしてやろうという気持ちだけでトレードをするのは
精神面にもよくありません。


昨日はほぼ一日中、外にいたためコラムが書けませんでした。

今週も宜しくお願い致します。




↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2013-02-19(Tue) 18:21:30 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース