FC2ブログ

【トレンドフォローだけが王道か?】

■株でもコモディティ、FXでも、投資本の多くは「トレンド
フォロー」を推奨しています。

勿論、私もトレンドに上手く乗れて、そこでポジションを
積み重ねれば、難平、難平で損を膨らましている投資家の
逆をやっていることになるので、大きな利益に繋がる事は
分かっています。

■しかし同時に行き過ぎた時の反転を狙う「逆バリ」も状況に
よっては有効です。

ただ多くの逆張りを主体とした手法は「難平」の考えが入っている
ものが多く、中でもリスク管理をしっかり行っていない手法に
関しては注意が必要です。


個人的な考えですが、相場が行き過ぎた時の「逆バリ」の
エントリーのタイミングは計りやすいのですが、トレンドフォロー
のエントリーは、追いかけてエントリーしてしまう時もあるので
難しいと思うことがあります。

ただ「トレンドフォロー」は「利益額>損失額」になる可能性が
高いので現在運用をしている手法には加えておいた方が
良いです。



■で、そのエントリーポイントに関しては、前にもお伝えした様に
エントリー用のチャート上に、それより長い時間軸チャートを
表示します。その長い時間軸チャートもトレンドの「ダマシ」を
減らしたもので、含み益がでている時はポジションの積み増し
が出来て、仮に負けた時のリスク幅が少なくなるようなチャート
が必要です。

相場は、トレンド色が強い時、レンジ傾向が強い時、
通貨ペアまた1日の中でも状況は様々です。

どの状況にでも対応出来る様に、予め幾つかの手法を備えて
おくことは大切です。

週末の7時間セミナーでは、模擬トレードで勝てるという
実感をつかんで頂き、手法についても解説をしていきます。

参加者の皆様、お楽しみに。


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

“【トレンドフォローだけが王道か?】”の続きを読む>>
スポンサーサイト



手法、心理 | 2013-02-13(Wed) 17:51:46 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース