FC2ブログ

「ストップの考え方:タイトなストップは危険?」

「ストップの考え方:タイトなストップは危険?」


ポジションを建てる前に、そのポジションにどの位のリスクを
を取らせるのか? 予め決めておくことは大切なことです。
トレード関連の本等でも、損切りの大切さを述べているもの
も沢山あります。

損切りは大切なことです。
この損切りをしなかったことで、大損失を被った方や、225
先物では追証を払えなかった方も多くみてきています。

しかし、「損切り」することばかり考えてカットを繰り返すと、
(以前にも書きましたが・・・)、損切り貧乏に陥ってしまいます。

損切り(LC)はそのチャートの時間枠やボラティリティも考慮
する必要があるということです。

例えば、動きの少ない時の損切り幅と、活発に動く時での
損切り幅は同じではないということです。

現在のドル/円動きと、数年前の動きは別物です。またアジア
タイムとロンドンタイムのボラも異なりますよね。

将来ボラが大きくなってきた時でも、同じ損失額(PIPIS
ベース)だと勝てるゲームも負けてしまいます。



■損切り(LC)幅はタイト過ぎず、その時のボラを反映させる
様にしましょう。

もっと具体的に詳細を知りたいという方にお勧めなのが、
「7時間集中! FXトレーダー養成セミナー」です。

色々なトレード手法も含め、中身の濃い内容となっています。

既に東京会場は定員オーバーですが(申し訳ございません)、
大阪会場はやや多く収容できますので、ご興味がある方は
お早めに検討してみて下さい。
(それでも徐々に席は埋まってきています)

※※(次回の東京会場ご希望の方は、個別でメールを頂けますと
優先でご案内をさせて頂きます)


■セミナー詳細(大阪)は、以下の画像をクリックしていて頂けると
ご覧になれます。
↓↓↓
「7時間集中! FXトレーダー養成セミナーin 大阪」






----------------------------------------------

■「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。

下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/




参考になったと思って頂きましたら、1クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓



スポンサーサイト



手法、心理 | 2013-01-23(Wed) 18:33:34 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース