FC2ブログ

「このエントリーが利益に繋がるかどうかは分からない」

「トレンドに沿ってエントリーをすること・・・・・」
トレードをしていれば良く聞くことです。


いざトレードをしようとして、チャート画面を表示させて時、トレンド
フォローであれば、今現在「上昇トレンド」なのか、「下降トレンド」
または持合いなのか? 何らかの手がかりをもって判断すること
になるのですが、それはあくまでも過去の流れであって、
これからエントリーをする建玉に関しては、エントリーをしてから
ではないと、その建玉が有効かどうかは分かりません。


仮にトレンドに沿ってエントリーをしたつもりでも、その瞬間から
曲がってしまうこともあります。それが何度も続くと自信喪失と
自分だけが不運だと思い込んでしまいます。


そうなると、他の手法探しとなってしまい、本来回数を重ねる
ことで損益が整っていく手法でもあっても、途中で挫折をして
しまう原因になってしまいます。


一日の中でいつトレードをして、その日のトレードを終えるの
かは、個々で異なってきます。またトレードに費やす時間も
人それぞれです。


先日開催中のFXコース内で、リスク:リワードの動画を公開
しました。それは仮にPFが1.8という様なロジックあった場合でも
回数をこなさないと、損益曲線が横ばいで推移することが多いと
いう内容です。


このことは確率的にも大いにあり得ることで、過去の成績が
良くても、実トレードですぐにその通りの結果になるとは
限らないのです。



この点を理解出来ないままトレードを続けることは、危険なこと
であって、トレードに自信を失いかけた時は、過去のチャートを
遡り、実際にエントリーをしていなくても、シグナル通りにやって
いたらどうだったのか? トレードをする時間帯を変えたらどの
様な結果になっていたのか? ご自身の目で確かめることが
大切です。


今夜は米雇用統計の発表があります。この時間帯私はトレードを
する予定がないのですが、値が飛ぶこともありますので
注意して下さい。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2012-11-02(Fri) 12:41:12 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース