FC2ブログ

「テクニカルを最小限にしたトレード」

先日、トレード方法の分散に関して触れましたが、最近ある方と
通貨(ペア)の強弱について話をしていました。

例えば、ある通貨(ペア)が下落し過ぎている一方で、他の
通貨(ペア)が過熱感している時に、今後また通常値に戻ると
して、それぞれ反対のポジシションを建てることは有効
なのかもしれません・・・。

しかし今でもみる機会があるのですが、FXを株式等と
同じように「サヤ取り」と同じ考えで取り組んでいるものが
あります。

FXで「サヤ取り」っていうのは、無理がありますよね?
今更ですが、身近の例ですと「ドル/円買い」、「ユーロ/円売り」は、
ドル買い、ユーロ売りつまり「ユーロ/ドル」を売り建てることと
何も変わりないですよね?

また、ある期間を「100」としてそこから強いか?弱いか?を
判断しても、単にチャートを並べてみているのと変わりなく、
不十分過ぎます。

トレードで成功をしたいのであれば、色々な可能性も
探ることは必要です。
それは、手法をコロコロと変えるということではなく、
短期売買だけではなく、長い期間でじっくりと資金を貯める
方法もあっても良いのでは?と思っています。

上記の通貨(ペア)の強弱も、通常のテクニカル分析を
排除したものなので、手法の分散という意味でも考える
価値は十分にあります。

もう少し検証が必要ですが、色々とやっていきたいと
考えています。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2012-10-26(Fri) 20:31:25 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース