FC2ブログ

「裁量トレードの心理状態」

これといった決まった「手法」に沿ってトレードを
するの訳ではなく、その状況に自分の判断を盛り込んで
トレードをすることを「裁量」と位置付けているのですが、
裁量に関係のない自動売買でも一部「裁量」が入ってしまう
ことはあります。

例えば、このユーロの下げで、DD中の自動売買はいくつも
あります。

例えば、ナンピン、マーチンタイプのもののですが、
もう買いで引かされ、その後また買って、引かされて
また買ってと・・・。

この様な状態になると、これを続けるのか?
それとも今の状況は通常時とは違うと、判断するので
あれば、ここで見切るのか?

この様な葛藤が自動売買でも「裁量」の余地が入って
しまう要因です。

勿論、相場なのですべて勝てるはずがなく、想定外の
動きをするときもあります。

勿論、生き残っていれば、また回復させることは
十分可能です。

ただ、それまでの経緯を反省することは大切です。
これなしにまたトレードを続けてしまうと、また同じ
様な状況に遭遇するのは時間の問題です。


良い時も、悪い時もあるから「相場」は楽しいのですが、
何もかも正しくトレードを進めることが、前提です。


----------------------------------------------


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2012-07-11(Wed) 18:48:40 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース