FC2ブログ

「両建ては意味がないのか?」

トレードをする際、決まった「手法」をもっていて、その手法の
成績をもっと良くしようと思ったら、その状況に応じた売買数量
の調整をすることも有効です。

もう一つ、一時的に「両建て」にすることも有効です。

ここで「買い」と思ってエントリーをして、そのポジションが
曲がってしまい、そのままズルズルと含み損を抱えた状態
で、その損失額を一時的に広がらない様にする「両建て」は
結局どこでポジションを外すのかが問題で、意味がない様な
気がするのですが、含み益を抱えた状態での「両建て」は
効果があると考えています。(特にメンタル面が弱い方には)

相場は一時的であっても、一方的な方向に動く時があります。

しかし、高値更新(安値更新)をし続けることはあまりなく、
仮に上昇トレンドが続いている時でも、「途中」、「途中」で「押し目」
とつけます。

その押し目を形成する前は、その上昇トレンドの中で、行き過ぎ感
が台頭して「押し」をつくります。

そのタイミングが把握出来れば、「買い」を保有しながら一時的

に「売り」を持つことができます。この「売り」で一時的な利益を
獲得して、本来のトレンドに沿った「買い」を残しておくことで、
そのトレンドに逆らわないトレードが可能になります。

この方法に関しては、開催間近のコースでもボーナスとして
取り上げる予定です。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2012-06-25(Mon) 18:16:01 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース