FC2ブログ

「同じ手法を使っても結果はまちまち・・・・、ではどうする?」

昨夜、ある投資顧問会社さんにお邪魔して、お客様向けの
セミナーを行ってきました。

そこでは、使えるテクニカルや手法の考え方などにも触れ
ました。実はその投資顧問会社さんは以前までお世話に
なっていたところで、そこのお客様向けにお話をするのは
一年振りでした。


またセミナーの中では、実際に私が使っている「手法」の
ロジックの一部をお見せしたのと、バックテスト、実運用成績
も公開しました。


そこで、ふと思ったのですが・・・・、
例えば、、、、

この手法を使った場合、「これだけの成績となっています・・・」
と言って、その後も成績も良かったとしても、使い続ける方は
案外と少ないと思います。


「手法」は同じでも、こちらでやっている成績とお客様が
トレードをした結果が異なる時があります。


それは、1日の内に何度かトレードチャンスがあって、お客様
がエントリーをしたトレードが、たまたまマイナスになって
しまい、その日はそれでトレードをやめる ⇒しかし、トレードを
やめたいた時に利益がでていて、結果損益が変わって
しまうということが考えられます。


これは自動売買でも同じようなことがあるのですが、「手法」
を提供(公開)する側は、利益になるのか、ならないかの
ギリギリの「手法」を公開するのではなく、比較的勝率も良く、
成績も余裕をもったものを提供すべきだと思います。


例えば、

1日単位なら、ほとんどの日が勝ちで終われる、
検証結果が少なくともそうであれば、一週間、一カ月の
スパンならプラスで終われる可能性がかなり高くなります。


しかし、1か月の成績が一生懸命にやって、「やっとのことで
プラスだった」様な手法だと、おそらく実運用では上手く
いかないケースが多いと思います。

「手法」を選ぶ際には、一日単位ではどの位の利益に
なっているのかを確認する様にしてください。


今までは、「勝率」にはこだわっていなかったのですが、
いざトレードを続けるとなると、精神面においても「63%」
はあった方が良いと思っています。仮に「50%」下回る様だと
ドローダウン期には気が滅入ってしまいます。
ちなみに、私が使っている「手法」では、トータルで
勝率72%、50Pipsを超える利益、勝率は72%と
なっています。(11日トレード分)

トレードはメンタルとの戦いでもあります。長く続けられる
ものを選びましょう。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2012-06-13(Wed) 17:58:34 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース