FC2ブログ

最近のポンド/ドル

「ポンド/円」・・・、

スプレッドは広いものの、比較的値動きもよく、デイトレを
好む方には人気のある通貨ペアのひとつです。


ただ海外でポンドとなれば対ドル、または対ユーロのほうが、
対円よりも取引される機会は多いのですが、本日は最近の
ポンド/ドルの傾向について触れてます。


下記はポンド/ドルの日足チャートです。



p0509.png




ポンドは元々、値動きが激しいという印象もあり(実際の
ボラも他の通貨ペアよいも高いです)、何らかの材料等で
ポジションが傾いてしまうと、一方的に動いてしまう傾向が
あります。

(それでも、ここ一年のボラは低くなっています)


上の日足チャートでは、相場が日々同じ方向の動いているか? 
把握しやすくする為に、「平均足」を表示しています。


一方的な動きとなって、今現在のトレンドがいつまで続くかは、
後になってみないと分からないのですが、遅行性はあるものの、
「平均足」の色、形(実体部)、ヒゲ等でトレンドの終焉が
確認できるときがあります。

それまで一方的に動いてきたその流れが変わると、反対
方向への圧力も働きやすくなりますが、「ポンド/ドル」は
その傾向が
強い通貨ペアのひとつです。

トレンドが続いた後、それまでの流れが変わったことを
確認する為に、トレンドラインを加えると、より分かり
やすくなります。


たったこれだけのテクニカルを使うことで、それまでの
流れが変わったと確認できたときは、ポジションを
クローズするか、反対ポジションも考慮するタイミング
になります。


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2012-05-10(Thu) 00:02:02 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース