FC2ブログ

「手法をいくつか持つとバリエーションが増える、しかし・・・」

裁量にトレード、自動売買でも相場の状況に合わせたロジック
をいくつか持つと、いうまでもなく投資の幅が広がります。

バリエーションを増やすといっても色々なことが考えられます。

例えば、、、

・トレンドフォロー型
・逆張り型
・難平型
・非難平型
・スウィング型
・スキャル型

等々、、、本当に色々とありますが、それらを上手く動かす
ことができれば、分散効果は得ることが可能ですが、何も
考えずにただやみくもに分散しても、パフォーマンスは
上がりません。

逆張り型と順張り型、または通貨ペアを分けることでも
効果は期待できますが、これにプラスして勝率の高い
ロジック(EA)が負けた時に,エントリーを行うことも考え
られます。

勿論、ロジック(EA)によっても優劣がついてしまいますが、
検証、フォワードがしっかりしていれば、効果は期待できます。

エントリー回数は減ってしまうので、その裏側で他のロジック
を動かすことができれば、バリエーションを増やすことが
可能となります。


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



手法、心理 | 2012-04-18(Wed) 17:32:20 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース