FC2ブログ

国内、外資のレポート

こんにちは、
国内、外資のレポートになります。




【国内U証券】
建設・住設セクターのレポートでは、震災特需による
収益向上が難しいことから、株価に対して過度な
期待は禁物と指摘。




【外資C証券】
精密セクターのレポートでは、電力次第では
あるものの、4~6月期の業績は相当厳しい水準に
なると予想して、現状株価から最もダウンサイドが
小さいディフェンシブランキングを作成。
ディフェンシブな順に、コニカミノルタ>リコー>
富士フイルムをピックアップしています。




【外資B証券】
不動産セクターのレポートでは、直接的な震災に
よる影響は軽微でも短期的にオフィス需要停滞や、
マンション需要の落ち込みが懸念されると指摘。
住宅は短期マイナスでも中期的に大手ハウスメーカー
のシェアが上昇する可能性があると解説。




【外資U証券】
メディア・コンテンツセクターのレポートでは、
震災は広告にネガティブと指摘。ITサービスは4月
以降は不要不急の投資が抑制されるリスク、
コンテンツ・ゲームは巣篭もり需要にも期待が
できると解説。今月の注目銘柄として、任天堂、
コナミ、サイバーエージェント、フジメディアHD、
東宝、日本テレビ、NTTデータを紹介しています。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

にほんブログ村

スポンサーサイト



225先物ニュース | 2011-03-25(Fri) 17:50:48 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース