FC2ブログ

G7の介入について、疑問視する声も

こんばんは、

G7の介入について、疑問視する声も出てきています。
やっぱり規模的には、BOJが大きくECBは50億ユーロも
達していないのでは?との憶測です。

実際NYタイムでのドル円は軟調に推移、日本以外は
お付き合いという感じです。

また、市場ではこの介入は「3/8だけ?」との噂も
あります。


財務省のHPでは↓

我々、G7の財務大臣・中央銀行総裁は、日本における最近の
劇的な出来事を議論し、我々の日本の同僚から、現在の状況、
当局がとった経済・金融面での対応についての説明を受けた。

我々は、こうした困難な時における日本の人々との連帯
意識、必要とされる如何なる協力も提供する用意があること、
日本の経済と金融セクターの強靭さへの信認を表明する。
  日本における悲劇的な出来事に関連した円相場の最近の
動きへの対応として、日本当局からの要請に基づき、米国、
英国、カナダ当局及び欧州中央銀行は、2011年3月18日に、
日本とともに為替市場における協調介入に参加する。
我々が長らく述べてきたとおり、為替レートの過度の変動や
無秩序な動きは、経済及び金融の安定に対して悪影響を与える。
我々は、為替市場をよく注視し、適切に協力する。

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/g7_230318.htm


この翻訳をみる限り、もう少しは続くと思って
いますが、過度の変動に対する介入であって、「円」
を無理やり売る様にはみえません。

ただ、
投機筋からみると、この状況下では「円」狙い打ちして
「円」買いポジションを増やす事はしないでしょうね。



↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



225先物改良チャート | 2011-03-19(Sat) 21:52:59 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース