FC2ブログ

ドル円は、通常の平均足でも利益? 各社レポートのまとめ

こんばんは。

ドル円がストップを巻き込んで87円ミドルまで
突入しました。

88円20銭近辺では、買いオーダーがあったの
ですが、さすがに88円を割り込むと一斉にSTを
巻き込んで売りが売りを呼びました。

さすがにこれだけ一方的になると、
通常の平均足でも機能しています。

画像は、通常の平均足(15分足)です。

15heikin.png


平均足改良版の出番はないようです・・。

ただ、持合いになった時は、改良をけけた
平均足が有効になります。



以下、各社レポートのまとめになります。


【M証券】
メディアセクターのレポートをリリース。11~12月前半
にかけてスポット枠が逼迫していると指摘。業界内では、
放送会社>多チャンネル放送会社>広告会社の順で選好
して、日本テレビとフジメディアHDの「オーバー
ウエイト」を強調。


【TCセンター】
悲観の中、好業績にもかかわらず売り込まれる銘柄が
増加していると指摘。来週のウィークリーでは10年3月期、
11年3月期ともに経常増益予想の好業績銘柄のなかで、
予想PER面で割安感のある銘柄を中心にピックアップ。
東洋水産、シスメックス、電気化学、ダイコク電機を紹介
しています。


【CG証券】
中国関連のレポートでは、現時点で中国経済や中国株式
市場が大きな混乱に陥る可能性は低いと見ているものの、
マネーサプライの急増や株価急騰など過熱シグナルが見え
つつあり、来年春以降に予想される金融引締めには要注意と
指摘。人民元切り上げが実施されれば、消費財メーカーに
メリットが大きいとの見方でユニチャームを推奨。


【N證券】
太陽電池製造装置業界のレポートでは、ポリシリコン
価格が急落した結晶系太陽電池と異なり、シリコン薄膜
太陽電池は値下げが困難で、価格競争力を喪失して
しまったと指摘。それでも中国では、依然として
シリコン薄膜太陽電池の事業化を検討している企業が多く、
中国は電力消費に厳しいことから製造に要する電力消費量
が少ないシリコン薄膜太陽電池が見直される可能性がある
と解説。個別ではアルバックが恩恵を享受すると予想。


【U証券】
銀行セクターのレポートをリリース。大手行6グループの
09年9月期の連結当期利益は横ばい程度で、第2四半期は
前年同期比で大幅増益を達成したものの、金融危機前の
水準からは大幅に低いと指摘。個別では、相対的に増資
リスクが少なく、景気の緩やかな回復の恩恵を受けやす
中央三井トラストと住友信託銀行を選好しています。


↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



225先物ニュース | 2009-11-25(Wed) 19:45:59 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース