FC2ブログ

ドル円 平均足 4時間足は陰線継続中

こんばんは。


ドル円の平均足(通常)を載せておきます。

4時間足は陰線継続中ですが、現状では15分足は
戻りを試しています。

1105heikin.png


一時90円を割りましたが、強烈な買いが入りました。

戻りを待って売ろうと考えています。


以下、各証券会社レポートになります。

【MS証券】
建設セクターのレポートでは、大手ゼネコン4社のPBRは
歴史的な低水準にあると指摘。PERについても、ゼネコンに
対するセンチメントが大きく悪化した03年4月の水準に近く、
バリュエーションは歴史的な低水準にあると解説。
株式市場の不安は徐々に後退して建設事業利益率が大幅に
改善することに注目が集まるとの見方で、各社株価の
アップサイドを50~90%と試算。投資優先順位を大成建設>
清水建設>大林組>鹿島に設定しています。


【CS証券】
不動産セクターのレポートをリリース。同証券では、
亀井大臣の目的は中小企業の資金繰り状況の改善で、
日本経済回復にとって非常に効果的と解説。また、オフィス
空室率改善、大型不動産取引成立による低位キャップレート
確認、REIT増資による不動産市況流動性の改善によって、
再び上昇軌道へ回帰すると予想。
セクター投資判断「オーバーウエイト」を強調しています。


【CI証券】
消費者金融セクターのレポートをリリース。
「政府が貸金業規制の緩和を検討している」との日経報道を
受け、貸金業法が見直されても、最高裁がこれまでと違った
判決を下さなければ利息返還請求は続くと指摘。それでも、
最高裁判決が徐々に変化していることから、今回の貸金業法
見直しの動きが、最高裁の判決に影響を与える可能性もある
と解説。貸金業セクターのレーティングを「弱気」から「中立」
に引き上げています。

【N證券】
テクニカルレポートでは、10月6日安値を割り込んで
下振れするリスクの方を警戒すべきと指摘。当面は、
日経平均は200日線や7月13日安値9050円を
、TOPIXは200日線や7月13日安値852ポイント、
4月28日安値811ポイントなどを意識する形で下値模索が
続く展開を想定。米株の下値メドとして、3月底打ち後の
上昇幅の38.2%押し相当に着目。NYダウで8725ドル、
S&P500で935ポイント、NASDAQで1837ポイントと試算して
います。




↓皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



FX改良版チャート | 2009-11-05(Thu) 20:34:42 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース