今後の見通し&FRBシンポジウムのポイントとは?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


■大きな流れと「目先」は分けて考える展開に

昨夜は大きな材料が無かった中で、ここ最近の売りに対する
ポジション調整が加速しました。
しかし、大きな流れは依然として「戻り待ち」継続、但し、目先の
オシレータも反発している様に、110円への視野が入りつつあります。


■未だ予断はできない状況下でのリスクオフについて

先週は、バルセロナテロ事件やバージニア州で発生した白人至上主義を
巡る死傷事件、そしてトランプ政権運営が不透明とリスクオフの材料が
目白押しの中でドル売りとなっています。

しかし、リスクオフを示すバロメーター「VIX指数(恐怖指数)」が
週末終値で14.26ポイントとなっており、以前のチャイナショックや
リーマンショックの時と比較すると比べ物にならない程の
低空飛行であることがわかります。

これだけの北朝鮮情勢やトランプ政権、テロやデモがありながらも
一向にVIX指数に関しては上がる気配すらみえません・・

やはり米国の経済成長がある程度見込まれる中では、本格的なリスクオフには
入りづらいのも事実あるし、また実際の米4-6月期GDPも2.6%と堅調な
数値がでているので、結果的には米国頼みの世界経済といったところで、
また最後の砦が「米国」という見方もできるのではないかとみています。


■そんな好調な米経済も先週の二つの景気指標に注目していました。

・フィラデルフィア連銀製造業景気指数...18.9(予想値:18.0)
・ミシガン大学消費者態度指数...97.6(予想値:94.0)

いずれも予想値よりも高い数値になっています。

特に、週末のミシガン大学消費者態度指数に関しては1月以来の高水準に
なっているにも関わらず、先日は無反薄でした・・。

本当に好調なのか目を疑ってしまうほどの、先週末のトレードだったように思えます。


■それを裏付けるためには、やはり25日のジャクソンホールでのイエレン議長による
講演が重要なポイントになりそうです。

更に同ホールでドラギ議長による講演も控えているのでイベントとしては見逃せません。

仮に、インフレ鈍化を示唆するような発言の場合、追加利上げ先送りから
ドル売りもありえるので警戒したいです。

また、最近のユーロ高をけん制するような発言が出た場合、ユーロ売りからも
円買いが入るので、この辺りにも注意してみておきたいです。

そんなイベントが注目される中で、トランプ大統領の二つの助言組織を
解散したことは、この先の経済政策遂行懸念が台頭するので、
油断はできないのも事実です。



■テクニカルでは、下ヒゲをつけてレンジ相場にも見えるが・・・

週間足では、逆に上ヒゲ陽線となっています。やはり4月安値が
意識されているのと、レンジを狙った安値拾いの買いが
交差しているのが良くわかります。

ドルインデックスでは、週間足ベースで上ヒゲ陽線と後味の悪い展開と
なっています。
更に中長期を示す200週移動平均線(18日現在:92.49)も
接近しているので注意したいです。

もしこのラインを割り込むようであれば、ドル売り圧力する可能性があるため、
スタンスを変える必要がありそうです。



■お知らせ■
↓ ↓
■FXオプション取引の売買成績を更新しました!(今年まだ1敗のFXオプション取引)

↓ ↓
FXトレーダーを養成するセミナー&FXオプションセミナー(大阪開催)



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
FXニュース | 2017-08-23(Wed) 11:28:09 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

軍事行動次第では、全てがリセットになる可能性&テクニカル面での重要ポイント

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


■軍事行動次第では、全てがリセットになる可能性も・・・

日本の三連休やお盆休暇の中で、メディアでは北朝鮮に
関する話題が目白押しでした・・・。

やはり今週の市場は、この「北朝鮮リスク」の動向次第で、
リスク回避の円買いが大きく進む可能性もあるので
注意したいです。

市場参加者の多くは、まだ「金融緩和継続=低金利継続=円売り」と
いったスタンスでみている向きもあります。

確かに正攻法から考えれば、円売りは常識です。

しかし、相場はそんなに単純なものではないことも事実です。




■現状では・・・、「米国は今まで通りのけん制だけで、
攻撃しないだろう」とみている参加者が多いことが、
今後の「相場の落とし穴」になる可能性もあります。


IMM日本円のポジション状況では、未だに大口投機玉は
ネットで95,813枚の売り越しと、日本円が異常なまでの
売り過ぎ状態にあります。

この行き過ぎた流れはどこかの段階でポジションを切らざるを
得ないことも考えられるので気をつけたいです。




■軍事行動の話題がある以上、米ドルも重く、更に言えば
12月の利上げ観測も全てが白紙になる可能性があるだけに、
これまで米国の金融正常化路線も必然的に再変更せざるを
得ないです。

つまり、これまでトランポノミクスを含め、アメリカンドリームを

彷彿させる雇用や景気も意気消沈どころか、絵空事になる可能性もあり、
中期的には世界全体的な景気減速も考慮する時が
あるかもしれません。




■テクニカル的には、4月17日の108.11円の安値をブレイクダウン
するのかどうかに注目したいです。

もし、下抜けるようであれば、中期に渡っては106円台も
視野に入りそうです。

またそうなると、完全にトランプラリー自体がリセット
されることになります。



週間足ベースのRSIでは、週末現在「41.98」と売られすぎていません。

中期的にもスタンスの見直しをしなければいけないかもしれません。

・8月15日...日本の終戦記念日、北朝鮮の祖国解放記念日
・同日...米国FOMC議事録
・8月17日...日米外務相を含めた閣僚による日米安全保障協議会


今週は政治・経済的もイベントが多い週です。

それだけに、リスク管理をいつも以上に強める必要があります。



■お知らせ■
↓ ↓
■上手く行かない場合でも「FXオプション」なら利益に? その成績は?

↓ ↓
FXトレーダーを養成するセミナー&FXオプションセミナー(大阪開催)



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-08-14(Mon) 10:37:56 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

■大陽線出現で目先は買い優勢、但し中期は未だ下降トレンド継続中

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


■低インフレはいずれシワ寄せが来るので、
雇用市場の変化には注意!


先週末の雇用統計の結果、予想を覆すポジティブサプライズ
になり、若干ながらバランスシート縮小に着手し、
年内追加利上げの可能性が残ったとみるのが
妥当ではないかとみています。

しかし、平均賃金に関しては予想通りと下回らなかったものの、
前年比ベースでは相変わらずの2%台と低インフレは
否めない状況です。

よく考えれば、賃金安で数多くの雇用を確保している状況を
踏まえると、やはり平均賃金としては上がりづらいという
方程式はなんら普通の考え方です。

だからこそ、今後追加利上げを継続すると、消費者含め
企業にも大きく負担が圧し掛かり、景気下り坂をイメージ
してしまいます。
それ故、年内利上げという予想は、現段階ではまだ
イメージ付きづらいです。



■米国債バブル崩壊から株式市場暴落の警鐘、そして
アノマリー説も再浮上!

むしろ、気がかりなのが上昇続ける【中期的な】
NY株式市場です。

週末の雇用統計の結果を受けて、9連騰し8日連続で最高値更新と
いうバブル的な上昇には、少々怖さも感じています。

今の株式市場は米ドルと違い、弱い材料には反応せず、
強い材料には過剰反応を起こすモンスター市場化
している気がします。

その背景には、やはり「米国債買い」つまり猫も杓子も
債券を買い捲るものが市場には存在し、バブル化
しているのです。

結局「米国債買い→米国債価格上昇→米国債利回り下落」と
いった感じで、米ドルにとってはマイナス材料になり、
株式とは全く違う動きになってしまうのです。

今すぐでなくとも、今後、米国債バブルが崩壊し、
株式市場もいずれは大きな調整局面に入る可能性も
十分に考えられるので注意はしたいです。




■日足の大陽線VS週間足のコマ線はどちらが優勢...?

日足チャートでは一旦、最近の底値圏で大陽線が週末出現し、
戻り優勢と言いたいところです。

また、週間足ではコマ線が出現し、今の気迷いを
表現しているのが良くわかります。

やはり、110円割れでは買い勢力が強く、114円では買いも
続かないレンジ相場と8月は予想したいところです。

IMM日本円の大口投機玉はネットで112,196枚の売り越しで、
売り越し幅は前週と比べ9,293枚縮小しています。

しかし、まだまだ円売りポジションが健在といったところで、
円売りに対する自信が伺えるし、どの段階で投げてくるのか?

それは、NYゴールドのポジションがたった1週間で38,841枚の
急拡大で、この先の市場含めた政治・経済の地殻変動を
察知しているかのようなポジション取りです。




■お知らせ■
↓ ↓
■上手く行かない場合でも「FXオプション」なら利益に? その成績は?

↓ ↓
FXトレーダーを養成するセミナー&FXオプションセミナー(大阪開催)



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-08-07(Mon) 10:46:02 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

IMM日本円がオーバーシュートから反転した際の下値目途は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


■先週末、米上院がオバマケアの廃止範囲縮小が
否決されたことで、ヘルスケア法案をはじめ
トランプ政権に対する不透明感が増幅しています。

また、この代替案を巡っては、与党造反が4人と
今後の政権運営が難航する恐れもありそうです。

そんな状況を映し出しているのがこの「戦後最低支持率
36%」であり、下落が止まらない現状です。

そんな支持率を上げるためにも、やはり、幹部交代を
せざるを得ない状況に追い込まれています。



■トランプ政権誕生から来月7日で200日となります。

しかし、これと言って何か進展したのかというと未だ何もなく、
結果が残せない疑惑だらけの大統領の印象が強い気がします。

この状況が続く限り、FRB側からしてもスタンスが
とりづらいのも本音だと思います。

実際、先週のFOMCにおいても文言の修正「比較的早期」と
曖昧にしたのもその証拠だとみています。

つまり、今後のインフレ状況がつかめていなく、
しばらくは時間稼ぎをせざるを得なくなったとみています。

予想では9月からバランスシート正常化を開始すると
言われていますが、トランプリスクがある限り、
年末まで引っ張る可能性も否めないとみています。



■未だにIMM日本円はオーバーシュートその反動に警戒!

先週のIMM日本円のポジション状況は、12万1489枚の売り越し
と前週と比べ5,430枚縮小しました。

しかし、ここ最近においては高水準であり、この反動が
いずれ起きる可能性もあるのでその位置を
確認しておきたいと思います。



日足チャートをみると、4月からレンジ相場に
なっているのがわかります。

・高値114円
・安値108円
となれば、中期的には108円レベルを徐々に目指す
可能性もありそうです。



■最近、節目の110円も気にならなくなっているのも、
レンジ相場とみるトレーダーが多いからだと思います。

また、週足ベースのローソクの形が「トンカチ」に
なっていることも少々気がかりです。

8月はサマーバケーションなので市場参加者が減る時期もあり、
値が飛びやすいので注意が必要です。





■お知らせ■
↓ ↓
■上手く行かない場合でも「FXオプション」なら利益に? その成績は?
↓ ↓
FXトレーダーを養成するセミナー&FXオプションセミナー(大阪開催)

↓ ↓
明日ののWEBセミナー(YJFX!)では、新オリジナルインディケータを公開!!





■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-07-31(Mon) 10:56:07 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

「トランプファミリー窮地」からドル円も重く110円前半も意識されやすい?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


■「トランプファミリー窮地」からドル円も重い展開と予想

今週は「政治リスク」が表面化しやすいことから「ドル売り優勢」
の展開を予想しています。

特に以下の証言には注意したいです。

・24日...娘婿のジャレッド・クシュナー大統領上級顧問
 (上院情報特別委員会)
・26日...トランプ・ジュニア氏・選対本部長ポール・
 マナフォート氏(上院司法委員会)

更に、モラー特別検察官がトランプ大統領の商取引についても
取り調べが報道され、また大統領報道官の交代も発表するなど、
トランプ政権の先行きに一段と不透明感が増しています。

また、今週はオバマケア見直しも先送りされ、政権誕生から
半年で何も政権公約が果たせていないことで、
不透明感が台頭し、ドル円も方向感が出にくい展開を
予想しています。



■ドル円チャートはレンジ相場に再突入&110円前半も
 意識されやすい?

ドル円の日足チャートは、週末の大陰線で後味の悪い
週明けを迎えています。


200日移動平均線をあっさりと下抜けしました。

また、6月14日安値と7月11日高値に対するフィボナッチでの
押し目とされていた50.0%(111.65円)も突破し、
チャートの形を見ればレンジ相場に再突入し、節目の
110円が意識されやすいとみています。

また、今年4月17日安値(108.11円)と6月14日安値(108.81円)を
線で結んだ下値抵抗線(21日現在:109.30円前後)にも

注目したいです。

IMM日本円のポジションも積みあがりすぎていることも気掛かりです。




■暴騰するユーロドルと2016年安値の接近中のドルインデックスにも注目!

緩和策解除に向け模索し始めたECBの行方にも左右されるところは
ありますが、相場は既に先取りし、2015年1月以来の
1.16ドル台を記録しています。

テクニカル上では、完全に買い優勢であることは言うまでもありません。
戻り高値がどこなのかをみていきたいと思います。

週足ベース2014年5月高値(1.3995ドル)と2017年1月安値
(1.0339ドル)に対する戻り

 23.6%...1.1195ドル(突破)
 38.2%...1.1730ドル
 50.0%...1.2163ドル
 61.8%...1.2596ドル
となっています。

38.2%はまもなくの状況となっています。ここを突破すれば、
次のターゲット50.0%戻り、つまり1.20ドルも視野に入ることになります。

更に、200週移動平均線(21日現在:1.18080ドル)も接近中なので、
ここにも注目したいです。中期で買い目線になれば、ドル売り
にも拍車が掛かりそうです。

また、下落が止まらないドルインデックスも2016年安値(91.88)にも
接近、更に週足ベース200週移動平均線(21日現在:92.236)にも
接近しているので、ここを割り込むようであれば、中期で
ドル売りになるのでドル円にも影響が出そうです。

最近のドル円は「ロシアゲート疑惑」、「トランプファミリー窮地」、
「政権公約不実行」と政治リスクが日銀の異次元緩和策を
上回る展開となっています。

トランプ大統領自身の支持率低下も止まらず、悪い流れが続いています。

それ故に、北朝鮮に対する攻撃もいずれ出す可能性はあるとみています。

現在の市場はリスクオンになっていますが、リスクオフの可能性も
同時にあるのでポジション管理には気をつけたいです。




■お知らせ■
↓ ↓
FXトレーダーを養成するセミナー&FXオプションセミナー(大阪開催)

↓ ↓
明日ののWEBセミナー(YJFX!)では、新オリジナルインディケータを公開!!





■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2017-07-24(Mon) 10:58:32 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース