FC2ブログ

110円固めのドル円に落とし穴はないのか

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



■いつもお世話になっております。
トレードタイムの平野です。



■先週は米中通商第一弾合意が署名されたことを受け
リスクオンの展開で大台である110円を突破しました。

その後は米経済指標やトランプ大統領の上院での
弾劾裁判が開始されたことで

強弱まちまちで110円前半で終了しています。




■今週はイベントとしてスイスで開催される
ダボス会議に注目したいと思っています。


トランプ大統領をはじめムニューシン財務相菅、
日銀総裁、ラガルドECB総裁、カーニーBOE総裁と

主要メンバーが参加することもあり大注目です。


前回のダボス会議では弱いドルは貿易面で

米国の利益になるとドル安誘導発言を
していることもあり、

更にトランプ大統領も大統領選を前に
製造業に有利なドル安は見逃すはずもないとみています。


このダボス会議でも米国第一主義を貫く発言が
あるのかどうかに注目したいです。



■次に先週、米中第一弾合意が署名され
その合意内容も予想通りの

新鮮味のないものであったことは、

買い材料にもならず、

次の合意に向けて期待感の増すところと
言いたいところです。


しかし、中国の劉副首相が中国企業は
米農産物を市場状況に基づいて購入すると
いっていることが

何かけん制しているようにもみえます。



■この言葉以外に実際に大量な農産物を
購入するのかには疑問があります・・・。

また、この合意が継続的に履行されるのかにも
疑問を持っています。


特にこの先の重要な第二弾合意を含め米中関係は
難題を抱えていることもあります。

更に、前回のようなイランとの軍事衝突懸念も
さることながら中東関係にも警戒は必要です。


また、北朝鮮問題に関しても現状では、
材料に出てきていませんが

見逃すことができない材料だと思っています。




■最後にドル円のテクニカル面です。

日足上では徐々に下値が切り上がってきており、
目先は110円固める状況になりつつあります。


しかし、4時間足をみるとRSIからみれば
ダイバージェンスの兆候もあり、

頭の中には、調整が起こりうることも
想定しておいた方が良いでしょう。


また、市場は昨年のレンジ相場が頭に残っている
こともあり、

本当に買いを続けていいのか、、、

半信半疑でのポジション継続となっています。



次週もよろしくお願い致します。





■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!


ハンドメイド 時計ベルト情報サイト
↓ ↓
タイムパートナー

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



FXニュース | 2020-01-20(Mon) 11:09:23 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

レンジ脱却のドル円、ポジション状況からみた今後の戦略方法は

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

■いつもお世話になっております。
トレードタイムです。


■お知らせ■
-------------------------------
期間限定
大反響の平均足トレード動画

無料でみれます
↓↓

https://toushi-gp.jp/rd/ht05/

-------------------------------


■先週のドル円は米国とイランの軍事衝突懸念から
地政学リスク回避の円買いが先行し一時、
107.65円まで下落しました。


しかし、その後は軍事衝突につながらないとの
見方が台頭し、
急反発して109.69円まで上昇、

週明けのアジアタイムでは110円に乗せています。



■さて、昨年のドル円は皆さんもご存じの通り
レンジの狭い一年でした・・・。


しかし、相場はいつもこのようなレンジの狭い展開が
続くとは限りません。

今年はレンジ相場から脱却する材料が目白押しであり、
トレンドを形成するには事欠かず、

大きなトレンドを形成するのではないかとみています。



■これは、5分足、30分足等でトレードでも同じで、
停滞期間が続いたあとは、それまで方向感が
定まっていなかった為に、
動けなかったものが急に動き出します。

しかも、停滞期間が長ければ長いほど、
その後の動きは活発になる傾向もあります。



■今週の注目材料としては以下のものになります。

・消費者物価指数(14日)
・生産者物価指数(15日)
・NY連銀景況指数(15日)
・小売売上高(16日)
・フィラデルフィア連銀景況指数(16日)



■先週の雇用統計でも予想値を下回ったことや
平均賃金の不調もこの先の見通しに陰りが
出るのではないかとみています。

その意味でも上記の物価や景気指数は注目になります。


インフレ率の鈍化や個人消費の低迷が確認された場合、

また、今週署名される予定の「第一弾合意」が
先送りされるような事態となれば、

躊躇なくFRBによる緩和策が出される可能性は
否めないと思います。



■更に、不確実性といえば、北朝鮮の動向です。

昨年末に非核化交渉期限を設け、期限切れになった
ことによって今年は、軍事的対応措置を
警戒する向きもあります。


その意味では朝鮮半島リスクにも警戒したいです。
そしてトランプ大統領事態の弾劾裁判が
上院で開始されることでも注目が集まりそうです。



■最後にドル円の戦略です。


IMM日本円のポジション状況を見ると1万2千枚の
売り越しとなっているので、

ポジション整理ができたようにみえます。

一方、日足チャートでは最近のレンジ上限に近づきつつあり
大台の110円がみえてきた中、

本日、売りが分厚かった110円超えて推移しています。




■既に平均足改良版は日足、週足共に「陽線継続」とな
っている為、買い優勢となっています。

しかし、目先のオシレーターは買われ過ぎ水準に
達している為、

110円ミドルレベルでは
再度、戻り待ちの売り注文も増えてくる
可能性があります。



■また、IMMのドル指数のポジション状況は、

現在、1万2千枚の買い越しにはなっているものの、
ここ数年間みると一番少ないのは少々、気がかりです。

中期でドルが買えない理由にも今後はみていきたいと思います。


次回も宜しくお願い致します。



■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!


ハンドメイド 時計ベルト情報サイト
↓ ↓
タイムパートナー

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2020-01-14(Tue) 11:38:03 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

■今年最後のセミナー&上昇トレンドも逆行現象も

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

■いつもお世話になっております。
トレードタイムです。



-------------------------------
■お知らせ■

※今回は事務所移転後、初のセミナーになるため、
トレード動画等のプレゼントも企画しています。


今年最後のセミナーになりますので、この機会に!


■今年最後のセミナー詳細はこちら
↓↓↓
セミナー詳細
http://www.trade-press.com/2019/11/11/yf/

-------------------------------



■先週は、米経済指標が予想を上回ったことや
米中通商協議の進展期待を背景に
109.49円まで上昇しました。


しかし、週末のトランプ大統領の
「関税撤廃は現段階で考えていない」との
発言によって高値から下落しました。



■現在、日足、週足の平均足改良版も「陽線継続」を
示しているドル円ですが、

110円の大台を目前にやや売りも
目立ってきています・・・。

やはり、米中通商協議における第一弾合意が
今月のAPEC会議から来月に持ち越しと
なったことで不安感が台頭、

更に先週末のトランプ大統領による
「トランプ砲」が更に今後を
わかりづらくしたことも確かです。



中国側にしてみれば「関税撤廃」を
望んでいるものの、

米国側はその反対になっていることも
双方の溝は相変わらずといったところです。

最近、この協議に関するヘッドラインをみれば
誰もが部分合意になると確信したくなる
ニュースばかりです。



■それゆえにドル円からしてみれば
買い上げたくなるのも当然です。

更に、株式市場はNY市場で最高値ラッシュと
なっていることも追い風となっており、
売る材料も少なかった状況です。

しかし、いつでも当たり前と思っていると
どこかで下駄を外され相場でいえば
崩されるのが常です。


米国側としては関税撤廃をせず、部分合意を
何とか年末までに仕掛けたい思惑であるものの、

中国側としては大量の農産物購入をするのだから
関税撤廃はしろ・・といった

まさに今世紀最大のシーソーゲームといった
展開です。


最後の結果を見るまでは安心できないので、
今後のこの協議の行方は大注目です。



■今週は以下の材料に注目しています。

・13-14日…パウエルFRB議長が講演

→→最近の経済動向や今後の見通しに関する
コメントに注目したいです。


・14日…生産者物価指数(PPI)


・15日…小売売上高(CPI)

→→上記二つはインフレ指標として最も
重要な指標となるので、
今後の政策運営でも重要な要因になります。




-------------------------------
■お知らせ■

※今回は事務所移転後、初のセミナーになるため、
トレード動画等のプレゼントも企画しています。


今年最後のセミナーになりますので、この機会に!


■今年最後のセミナー詳細はこちら
↓↓↓
セミナー詳細
http://www.trade-press.com/2019/11/11/yf/

-------------------------------






■最後にドル円の戦略です。

日足をみればきれいな上昇トレンドになってい
ます。

「死角は全くない」ようにみえます。

移動平均200日線も引値ベースで完全に超えている
ことも安心感につながっているように見えます。



■しかし、RSIでみれば,

9月18日高値(108.47円)や

10月15日高値(108.89円)を
先週末の引値(109.21円)は超えている
にも関わらず、

RSIは未だ超えていません。


それゆえにダイバージェンス(逆行現象)にもみえます。

そろそろ大台も視野に入れたいところですが、
買い疲れ感も否めないのではないかとみています。

その意味でも、押し目を狙った戦略で考えています。
押し目処としては108円とみています。


来週も宜しくお願い致します。








-------------------------------
■お知らせ■

※今回は事務所移転後、初のセミナーになるため、
トレード動画等のプレゼントも企画しています。


今年最後のセミナーになりますので、この機会に!


■今年最後のセミナー詳細はこちら
↓↓↓
セミナー詳細
http://www.trade-press.com/2019/11/11/yf/

-------------------------------







■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!


ハンドメイド 時計ベルト情報サイト
↓ ↓
タイムパートナー

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2019-11-11(Mon) 10:31:15 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今週の為替相場の戦略と注目の材料は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


■いつもお世話になっております。
トレードタイムです。



■お知らせ■
-------------------------------

【新戦略公開セミナー】(in 名古屋)

FXトレードとFXオプションのダブルセミナー開催!

(セミナー詳細はこちら)
↓↓↓
FXトレードとFXオプションのダブルセミナー



■以下の動画で【7時間集中! FXトレーダー養成セミナー】
概要が分かります。

↓↓↓
セミナー概要動画
http://wp.me/p5w6di-1w5
---------------------------------




■先週は、米中次官級通商協議の進展が
みられなったことで
一時106.57円まで下落しました。


しかし、トランプ政権が一部の米企業に
対するファーウェイへの供給を許可したこと等で
108円台まで上昇する展開となりました。


また、株価の上昇を受けて
リスクオンの展開となっています。



■さて、今回の最大の注目ポイントであった

米中閣僚級通商協議においては、
「部分合意」に達しました。


今回の部分合意を「第一段階」として
一部の知的財産、為替、金融サービスなどについて
合意し、

更に懸念されていた今月15日の
対中制裁関税引き上げを見送ることになりました。






■今週以降は一旦、この米中問題は材料から
外れることになりますが、

いずれ時間とともに12月に発動される予定の
対中関税が焦点となるので、

まったく度外視はできない状況です。

また、今回の合意内容が文書化されるまでは

米国サイドとしても署名しない意向を
示していることも、やや不安が残るところです。


今回の部分合意においてもすでに株式市場や
為替市場においてもある程度織り込んで
いたところはあるので、

その意味でも一気にこの部分合意の結果を
受けて続伸することは考えにくいとみています。




■今週以降、材料にすべきものを列記します。


・長期化する香港抗議デモと更なる激化
 →今後の米中通商協議への影響も・・

・サウジアラビアとイランの軍事衝突
 →地政学リスク台頭と米国による制裁

・トランプ大統領に対する弾劾審理
 →来年の米大統領選への心象とダメージ



■更に注目したい材料としては・・・

・16日(水)…米小売売上高

・16日(水)…地区連銀経済報告(ベージュブック)

・17日(木)…米鉱工業生産

・18日(金)…景気先行指標総合指数



■米経済指標に関しては、

今月末のFOMCの追加利下げのポイントに
なるので注目したいです。


既に製造業・非製造業景況指数は
下方向を示している状況なので、

上記の経済指標は参考になるので、
ネガティブサプライズだった場合には、

利上げを織り込むような動きになると
思われるので注目したいです。




■最後にドル円の戦略です。


日足チャートでは、9月中旬と今月1日の
高値である108円ミドルを上抜けたことで
ダブルトップ否定しました。


これにより、目先は109円を視野に
入れた展開を予想したいです。


しかし、109円以上は、上記の不安材料が
あるだけに、逆に「売り」を想定。




戦略とすれば先週末の高値108.62円を
抜けた段階で戻りを待つイメージです。






■お知らせ■
-------------------------------

【新戦略公開セミナー】(in 名古屋)

FXトレードとFXオプションのダブルセミナー開催!

(セミナー詳細はこちら)
↓↓↓
FXトレードとFXオプションのダブルセミナー



■以下の動画で【7時間集中! FXトレーダー養成セミナー】
概要が分かります。

↓↓↓
セミナー概要動画
http://wp.me/p5w6di-1w5
---------------------------------






■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!


ハンドメイド 時計ベルト情報サイト
↓ ↓
タイムパートナー

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2019-10-14(Mon) 11:35:06 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

為替相場はトレンド転換の時期:今週の戦略は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。



■お知らせ■
-------------------------------

【新戦略公開セミナー(in 名古屋)】


詳細はコチラ
↓↓↓
FXトレードとFXオプションのダブルセミナー開催!

-------------------------------




■先週のドル円は、米中通商協議進展期待や

テクニカル的な押し目買いとみられる買い
に支えられ一時、

108.48円まで上昇しました。

しかし、米ISM製造業・非製造業指数が
悪化したことを受けて、

月末のFOMCでの利下げ圧力がかかり一気に
反落しました。



■さて、先週末の雇用統計が発表され
失業率が約50年ぶりの低水準となりました。


そんな楽観的な数値の束の間、
平均賃金においては鈍化傾向が出始め
インフレを抑制する材料が出始めています。


更に先週のIMS製造業・非製造業指数ともに
悪化したことで、

今月末のFOMCでの利下げを助長する格好となり、

利下げ確率も一気に急上昇し87%を示し

米ドルの売り圧力も強まってくるのではないか
とみています。



■今週は何といっても注目となるのは
ワシントンで開催予定の

米中通商閣僚級協議の結果になります。

トランプ大統領も「暫定合意」に強い自信を
みせているものの、

ムニューシン財務長官は為替に関しても
協議する意向を示していることが
ネックになるのではないかとみています。

様々な予想はでているものの個人的には
平行線になるのではないかとみています。


その意味では15日以降に関税率を一気に
引き上げることになるので、

米中貿易戦争が更に激化する可能性が
あるとみています。


また、そのトランプ大統領自身も

弾劾調査に振り回されているだけに、

その行方にも注目したいです。

下院民主党はすでにホワイトハウスに
対して召喚状を送付しており、

ウクライナに圧力をかけようとした資料提出、
証言をめぐる民主党とハワイトハウスの対立は

エスカレートする可能性があるだけに、
油断できないとみています。


大統領自身も会見で怒りを爆発させている
だけに政治がらみの影響も
軽視できないとみています。


以下、注目の米経済指標です。

・8日(火)…卸売物価指数(PPI)

・10日(木)…消費者物価指数(CPI)


インフレ指標としては重要であるので
その結果には注目です。

結果次第では今月末の利下げだけでなく
年内あと一回の利下げも

織り込む可能性もあるので値動きも
荒くなる可能性もあります。




■お知らせ■
-------------------------------

【新戦略公開セミナー(in 名古屋)】


詳細はコチラ
↓↓↓
FXトレードとFXオプションのダブルセミナー開催!

-------------------------------





■最後にドル円の戦略です。


日足チャートでは、108.50円近辺で
ダブルトップが完成し、下目線になりつつあります。


それでも106円ミドル近辺でも
押し目買いも散見されています。


先週火曜日からの陰線3本はやはり、
売り圧力が強いイメージです。

今後の下値ターゲットはやはり8月の安値である
104.45円だとみています。

少し視野を広げれば、月間足ベースでは
200か月移動平均もあるので今月末が実線で
下回るようであれば、

中期的にも下目線になるので
併せてみておきたいです。

いずれにしても米中協議の行方次第では
世界的に影響が出るのでリスク回避として

日本円が買われやすい環境なので、

週末にかけてポジションをフラットにするのが
ベストだと考えています。






■お知らせ■
-------------------------------

【新戦略公開セミナー(in 名古屋)】


詳細はコチラ
↓↓↓
FXトレードとFXオプションのダブルセミナー開催!

-------------------------------







■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!


ハンドメイド 時計ベルト情報サイト
↓ ↓
タイムパートナー

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2019-10-07(Mon) 11:12:56 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース