111円定着だと今年の高値の113.39円がみえてくる

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


------------------------------------------
★残り僅か!プレミアムを受け取る方法が分かる!
 【FXオプション】セミナーで利益倍増戦略の確立

⇒セミナー詳細はこちら
------------------------------------------

■先週は、110円の大台を突破したことで、今年の高値1月8日の
113.39円が意識される展開になりそうです。

特に、今週はFOMC議事録があり、来月のFRBの追加利上げは
ほぼ織り込み済みで、次回及び年内4回の利上げがあるのか・・・、

意見の分かれる場面ではあるものの、少なくても
期待感は残っているようです。

現状は上昇トレンド継続とみていますが、潜在的に
リスクオフの材料があることは忘れないで頂きたいと思います。

------------------------------------------
☆FXエキスパートプログラム(基礎から売買方法まで)

・売買ロジック
・チャートインディケータ
・200本以上のトレード動画

⇒お得なプログラム詳細はこちら

------------------------------------------

■その気になるリスクオフの材料とは・・・

第一に、イタリアの次期政権問題です。

中期的にはユーロ圏離脱に繋がる可能性もあり、ユーロ圏だけの
リスクではなく、世界的にも成長が停滞する可能性が
あるのではないかとみています。

既にイタリア10年もの国債利回りは急上昇しております。
ECBとしても今後引き締め政策に以降したいにもかかわらず、

こういったイタリアのような状況を見れば、
ゼロ金利解除を遅らさざるを得ないのも相場を重くさせる
材料になっています。

これは、現状の単なるユーロ売りというわけでなく、中期的には
世界的な規模でリスクオフに発展する恐れがあるとみています。


次に、米朝首脳会談の行方です。

北朝鮮が南北閣僚級会合を急遽中止したことを受けて、
来月に予定されている米朝会談が実現及び米国が望む核廃棄が
実現できるのかが未だに不安視されていると思います。

最後にエルサレム問題によって、中期的には中東不安が再燃、
そして原油価格の高騰もあるとみています。既にニュースでも
報道がありますが、抗議活動が活発化し、緊張が高まっており
リスクオフの材料にも繋がるのではないかとみています。

既にそのことを見越して投機ポジションは円買いに入る!?

こういったリスクオフの材料が潜在的にあることは、頭の片隅に
起きたいところです。既に先回りして、
シカゴIMM日本円の投機ポジションも再び、円買いポジションに入りました。
(5月15日現在:3,680枚の買い越し)



■最後にドル円のテクニカル分析です。

先日からドル買いが優勢で展開しています。

そのドルインデックスの動きをみても明らかです。
月間足ベースでみると、2017年
1月高値101.81から今年2月安値88.15に対するフィボナッチでみると、

23.6%・・・・91.87(到達)

38.2%・・・・94.15


という状況になっています。直近は先週末現在で93.54と38.2%戻りに
接近しています。そろそろ一服感が出やすい状況です。

では、ドル円は、冒頭にもお伝えしましたが、今年1月8日の高値
113.39円が意識されると思いますが、月間足ベースで見ると、
トレンドラインをサポートとレジスタンスそれぞれ引いてみてください。

レジスタンスラインの延長線上に112円辺りに抵抗がありそうです。

中期的には、三角持合にもみえます。日足ベースでは買い目線でいいと
思いますが、中期的には持ち合いの中にいることも意識してトレードしたいと思います。


------------------------------------------
★残り僅か!プレミアムを受け取る方法が分かる!
 【FXオプション】セミナーで利益倍増戦略の確立

⇒セミナー詳細はこちら
------------------------------------------



■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

■今週は、イベントと日本の連休、そして警戒される「セル・イン・メイ」によって週後半以降、株価のから高値警戒感からボラティリティ(変動)が大きく振幅すると予想します。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
FXニュース | 2018-05-21(Mon) 12:24:01 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ドル円:中期上昇局面の押し目形成で実需の売りもでやすい

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


------------------------------------------
★残り僅か!プレミアムを受け取る方法が分かる!
 【FXオプション】セミナーで利益倍増戦略の確立

⇒セミナー詳細はこちら
------------------------------------------



■今週のドル円は、チャート上のダブルトップかどうか神経質な
展開を予想します。

以下は、今週の注目ポイントになります。



・ワシントンで開催される米中通商協議においての貿易摩擦の行方

・原油価格の上昇

・ドル円4時間足のサポートライン



■まず、今週行われる2回目の米中通商協議ですが、米サイドとすると、
輸入拡大を提案する予定ですが、中国においても全面的に鵜呑みに出来ないだけに
難航が予想されます。

少なくても直近の中国の対米貿易に対する黒字が拡大している
だけに、進展が難しいのは確かです。

更に、トランプ大統領においても、米国内の雇用が失ったのは
貿易赤字が大きいだと主張しているだけに、予断を許さない
展開だとみています。


------------------------------------------
☆FXエキスパートプログラム(基礎から売買方法まで)

・売買ロジック
・チャートインディケータ
・200本以上のトレード動画

⇒お得なプログラム詳細はこちら

------------------------------------------

■次に大台を超えた原油価格です。

この価格上昇がもし中期的に高止まりするようであれば、
米消費に影響が出ることは必至です。

先日発表があったイランの核合意から撤退することで決定しただけに、
材料的には上昇要因が潜在的にあります。

そこに今週からイスラエルにおける米大使館がエルサレムに
移転することで、パレスチナとは疎遠になり中東情勢が
悪化する恐れもあるだけに警戒はしておきたいところです。

原油が高止まりで更に米ドルまで高いとなれば、米経済も一旦、
ブレーキが掛かる恐れもあります。



■続いてドル円の4時間足です。



今年3月26日の安値(104.63円)からのサポートラインを
結んでいただくとわかるのですが、三本前からブレイクダウン
しているのがわかります。

ここまでの上昇過程で時間的にも急ピッチで上昇してきただけに、
調整は入りやすいかとみています。



■最後に、ドル円の戦略です。

基本的に調整をイメージしているので、109.50円で指値の売りを仕掛け、
更に、ネックラインとも見える5月4日安値(108.64円)で逆指値の
売りを仕掛けたいと考えています。

いずれにしても最近は政治情勢で大荒れの可能性もあるので、
リスク管理にはいつも以上に気をつけたいです。

------------------------------------------
★残り僅か!プレミアムを受け取る方法が分かる!
 【FXオプション】セミナーで利益倍増戦略の確立

⇒セミナー詳細はこちら
------------------------------------------



■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

■今週は、イベントと日本の連休、そして警戒される「セル・イン・メイ」によって週後半以降、株価のから高値警戒感からボラティリティ(変動)が大きく振幅すると予想します。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2018-05-14(Mon) 11:55:18 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今週のドル円は原油動向がカギ、その理由とは?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■先週は、日本の大型連休やイベントを控えて、レンジの狭い展開が続きました。

週末の雇用統計では、17年半ぶりの低水準となる失業率(3.9%)をマークしました。非農業部門の就業者数も予想には到達していないものの、10万人以上の数値をキープしていることは交換が持てる材料となりました。

しかし、気がかりなのが平均賃金の低調ぶりです。前月0.1%増、前年比2.6%増ということで、やはり賃金の低さが課題のようにもみえました。その流れで、米10年もの長期金利も伸び悩みが目立ちました。ドル円も110円台定着とは行かず、この大台の重さがポイントになりそうです。


■原油高とドルスイスのパリティは、リスクオフの再来を意味するのか・・?
トランプ大統領がここ数週間以内に北朝鮮会談を行う情報は知ってのとおりです。
世界的にもこの会談で何らかの手がかりが掴め、朝鮮半島緊張も沈静化する方向と予想しているようです。確かに、大方の予想になると筆者もみています。
しかし、こればかりは行ってみないと最後までわからないのが事実で、個人的には、以下の二つの材料が、ポイントになるとみています。



------------------------------------------
★プレミアムを受け取る方法が分かる!
 【FXオプション】セミナーで利益倍増戦略の確立

⇒セミナー詳細はこちら
------------------------------------------



・2014年11月以来の1バレル70ドルに迫る原油高
・パリティ(等価)となったドルスイス

これまでもこの記事で商品市場(資源)を振れたことは何回もあります。
NY原油先物市場では、2014年11月以来、3年半ぶりの1バレル70ドルに迫る勢いで上昇しています。
2016年の安値26ドル台から見れば既に価格上昇は250%強となっています。

今週末に期限が迫るイラン核合意から米国が離脱するのではないかとの見方が優勢となっており、その警戒感が強いようです。この原油価格の上昇が長期化するようであれば、米消費者にも影響が出るのは必至で、今後のインフレ状況にも影響がでるのではないかとみています。
先週末の雇用統計でも賃金上昇が低調なことからも、今後利上げに踏み切ることで、更に消費者に圧迫しかねないだけに警戒材料だとみています。


■次に、米ドルが先週末の上昇で、年初来高値になりました。

この米ドル高を一番嫌っているのが、トランプ大統領です。FRBは金融正常化のもとで、追加利上げを継続している中、ユーロ圏や英国、そして日本においては未だに正常化の片鱗すら見えず、金利差を狙ってドル買い優勢になっているのがこの米ドル高の要因になっているのは確かです。このまま金利差が拡大するようであれば、米ドル高が更に伸展する恐れもあるので警戒したいです。

もし、この原油高と米ドル高が継続するようであれば、好調な米経済も一旦、ブレーキが掛かる可能性もあり、更にはトランプ大統領の保護貿易を含めた口先介入も注意しなければならないとみています。
となれば、株安からのリスクオフ再来も可能性としてはあるとみています。


■最後に、ドル円のテクニカル面です。

昨年から続いたダウントレンドに対する半値戻りや110円に一旦タッチしたことで、達成感が出やすい環境となっています。
また、期間的にも急ピッチで上昇したことによる一服感が出やすいとみています。

押し目を探る意味合いでも、逆指値の売りを先週末安値(108.64円)におくイメージです。ターゲットとしては今回の上昇幅に対するフィボナッチでみています。

38.6%押し・・・107.91円
50.0%押し・・・107.26円




------------------------------------------
☆FXエキスパートプログラム(基礎から売買方法まで)

・売買ロジック
・チャートインディケータ
・200本以上のトレード動画

⇒お得なプログラム詳細はこちら

------------------------------------------






■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

■今週は、イベントと日本の連休、そして警戒される「セル・イン・メイ」によって週後半以降、株価のから高値警戒感からボラティリティ(変動)が大きく振幅すると予想します。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2018-05-07(Mon) 11:05:22 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今週のドル円見通し:ドル上昇小休止には注意

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


先週は、米中貿易戦争懸念がピークアウトしたことや北朝鮮の動向が融和方向への期待感で「リスクオン」に傾き、ドル円も109円台にのせました。
また、米10年国債も3%の大台に到達したこともあり、他国に比べ金利差が開くことから、ドル買いが優勢になったことも支援材料になりました。

しかし、世界的にも情勢が落ち着きを取り戻しつつある中で、以下のポイントを警戒したいです。


・米長期金利の上昇
・米個人消費の動向
・トランプ大統領の口先介入
・原油価格の上昇


------------------------------------------
☆FXエキスパートプログラム(基礎から売買方法まで)

・売買ロジック
・チャートインディケータ
・200本以上のトレード動画

プログラム詳細はこちら

------------------------------------------



■米10年国債の利回りが3%の大台に到達したことから、実質金利の上昇も期待感が出始めたことで、ドル買いが先行すると予想するのが通常の考え方です。
しかし、今後は、トランプ減税による財政赤字拡大も予想されることからも、米国債増発も余儀なく行われることから、米国債バブルも可能性も考える必要はありそうです。
それゆえ、米国債離れすらあるので、この金利上昇が吉とでるのか凶とでるのか・・油断できない状況と思っています。

特に、今年は中間選挙もあるだけに、今後のトランプ大統領の動きは、全て消費者よりの瀬策転換に移行する可能性もあります。
と考えれば、まずは所得減税を延長すること、製造業に有利な政策を含め、特に貿易面での動きが活発化する可能性があるとみています。


■また、NAFTAの再交渉や日本との二国間貿易を米国が有利に運ぶ可能性もあるので、警戒は必要です。
先日の日米首脳会談では、これといった情報は展開されていないものの、今後は必ず動き出すとみています。
それに原油価格も気づけば60ドル台後半ということもあり、米消費者を直撃しているので、この辺りのけん制にも警戒したいです。


■ドル円やドルインデックスをみれば、完全にリスクオンの相場展開とみるのは妥当とみるべきですが、「金(ゴールド)の相場やETF」の動向を見ると、そうでもありません。
特に金ETF残高は先週末現在、871.20トン(SPDRゴールド・シェア)と昨年11月以来の水準に増加しています。この動きを見る限りは完全なリスクオンとはいえないと思っています。


■最後にドル円のテクニカルです。

日足ベースでは、昨年11月6日高値(114.74円)と今年3月26日安値(104.56円)に対する50%戻り(109.67円)をほぼ達成されています。
また、移動平均120日線(先週末現在:109.47円)で押し戻されているところをみると、一旦今週は押しやすいのではないかとみています。

更に、ドルインデックスをみると上ヒゲの長い「トンカチ」が出現しています。
更に、移動平均200日線(先週末現在:91.87)でブロックされているところをみても、ドル円の上昇も小休止しやすいのではないかとみています。

買い目線の場合、107円ミドルまで待つイメージです。



■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

■今週は、イベントと日本の連休、そして警戒される「セル・イン・メイ」によって週後半以降、株価のから高値警戒感からボラティリティ(変動)が大きく振幅すると予想します。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2018-05-01(Tue) 13:36:42 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今週のドル円見通し:目先108円を目指すも長続きしない可能性も

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。


■安倍総理が訪米しトランプ大統領と会談では、北朝鮮問題で終始し、話題に上がっていたFTAには踏み込まなかったのも先週の上昇材料になっています。

しかし、これで米国からのプレッシャーが終わるはずも無く、先送りしただけであり、いずれ米国に有利なFTAを持ち込むことが確実なだけに、予断を許さない状況とみています。



■今週は原油価格の上昇に警戒が必要だとみています。
現在1バレルあたり68ドルと大台である70ドルが視野に入り始めました。

週末のトランプ大統領の原油価格の上昇に対するツイッター上でのけん制発言もあり注目が上がり始めました。

この上昇は、米国にとっては景気回復に水を差しかねない材料で、先般の大型減税材料と相殺し、金融正常化に向けた追加利上げも頓挫する恐れもあります。つまり、景気回復の中でのインフレ懸念を増発させる「スタグフレーション」すらイメージしてしまうほどです。それ故、今後の原油価格上昇は米国の消費にも影響が出始めるのではないかとみています。

------------------------------------------
☆FXエキスパートプログラム(基礎から売買方法まで)

・売買ロジック
・チャートインディケータ
・200本以上のトレード動画

プログラム詳細はこちら

------------------------------------------



■今週は日欧で金融政策決定会合がそれぞれ行われます。


金利に変更は無いもののその後の、コメントには注目したいです。米国との金利差が広がり続ける中で、各国の見通しやスタンスには注視したいです。


また、毎年5月の「メル・イン・メイ」も控え、更に米中貿易摩擦問題の激化、原油高、日本のアベノミクス終焉と株式やそのほかのマーケットのトレンドを壊す材料が潜在的にあるだけに、いつも以上に警戒レベルを上げたいと考えています。ひそかに、中国の株式指数が再び、3000の大台を割り込み、マーケット全体的にリスクオフが再来するのではないかとみています。


------------------------------------------
☆FXエキスパートプログラム(基礎から売買方法まで)

・売買ロジック
・チャートインディケータ
・200本以上のトレード動画

⇒プログラム詳細はこちら

------------------------------------------



■テクニカル面からは・・・(ドル円)
日足ベースでは3本連続の陽線で、一度は108円を試すとみています。

また、移動平均75日線(20日現在:107.81円)で抵抗に感じているものの、チャートのカタチは好転し始めています。



戻りの目処としては、今年1月からの下落局面に対して、38.2%戻り(20日現在:107.92円)や、水平線でみて今年1月26日安値(108.28円)が目処になりそうです。



目先、買い目線の場合、時間軸の短いもので回転を利かせた売買を想定。



但し、ドル円の月間足は今月は今現在陽線であるものの、やはり、今年3月までの「陰線3本」があるので、中期的視点では再度105円割れがあってもおかしくありません。


■お知らせ■
↓ ↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!

↓ ↓
習い事教室タイム:4月開校の横浜市都筑区の株式講座



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■【トレード手法・インディケータ・解説動画】を無料で!

この度、「トレード手法・インディケータ・解説動画」で提供を
することになりました。下記のアドレスから登録をして頂くと、
自動返信メールにてダウンロードアドレスが届きます。
↓↓↓↓
「トレード手法・インディケータ・解説動画」
https://goo.gl/J4oRf2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


--------------------------------------------


皆様の一票がブログ更新の励みになります。1日ワンクリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



FXニュース | 2018-04-23(Mon) 10:27:13 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース