FC2ブログ

通常の平均足と平均足改良版の違い(画像)

検証とまではいかないのですが、一応平均足と平均足改良版
の画像を載せておきます!

まず、普通の平均足(ドル円)です。

heikin.png

赤丸で囲った部分がテクニカル上のダマシの部分です。
この期間だけでこれだけダマシが発生します。
ただこの時期の平均足はトレンドが発生していたので、
思ったほど、ダマシは少なかったように思います。

少しでも揉みあったら、転換、転換の連続で、利益を伸ばしていくのには
難しい部分もあります。
(大きなトレンドが続けば、利益になりますが・・・・)



次に、平均足改良版のニューバージョンです。


kairyoubann.png

明らかにダマシが減っているのが、分ると思います。

ダマシがない分、実際の相場に遅れてるかと言うと、
遅くなく、トレンドに反応するように設定されています。

これを、30分足、1時間足等で売買すると、1日の中でも
多少のトレンドが発生すれば、利益は稼げます。。。

ブログ村等のランキングアップが励みになり、色々な手法の
公開にもつながるので、参考になったらワンクリックして頂けると嬉しいです。



↓人気ブログランキングに登録しました
人気ブログランキングへ

検証コーナー | 2009-06-03(Wed) 00:35:39 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

意味のない検証??

以前にも書いたと思うのですが、今年に入ってから○日移動平均が、
適切だったのか再度調べてみました。

この結果が今後もそうなるとの事はないのですが、
2009年になってから昨日までは、買い有利となっています。

ちなみに検証した移動平均の期間は、5日MAから20日MAです。

仮に移動平均のみの売買で売りエントリーばかりだったら全て負けています。

逆に買いでエントリーしていたら、8日MAまたは、10日MAだったら
4%を超える利益になっています。

勿論、昨年一年間で検証したら、もっと違う数値になるでしょうし、
来年はもっと違う結果になると思います。

つまり、○日移動平均線で売買すると、期間によってパラメータが
変わるということです。

当り前の話ですみません・・・・。



mafx.png


↓今3位~4位です?
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
にほんブログ村

検証コーナー | 2009-05-28(Thu) 00:52:34 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

平均足 エクセルでの表現方法

こんにちは。

以前から質問が多かった平均足をエクセルで表現する方法です。

今回は、通常の平均足です。


①エクセルのセルに下記のように入力してください。

A1 日付
B1 始値
C1 高値
D1 安値
E1 終値
F1 平均足始値
G1 平均足高値
H1 平均足安値
I1 平均足終値


②次に下記のセルの式を入力します。

F3 :=AVERAGEA(B2:E2)

G3 :=C3

H3 :=D3

I3 :=AVERAGEA(B3:E3)

F4 :=(F3+I3)/2

③出来た式を下にコピーすれば出来上がりです。

上記の式は、あくまでも普通の平均足で、改良版ではありません。

改良版は、終値も使いすし、実体の長さも考慮したり、通常の平均足の
見方とは少し違ってきます。
また最近では、オシレータ型の指標との併用方法も試作しています。

↑最近ではこれをフィルターとして使う事でより精度を上げる手法、
利益がMAXに近いところで決済出来る様に思考中です。

一部出来ているのもあるのですが、もう少しで公開します


また、
GFT系で採用されているDealBook、
MetaTrader 4を採用している業者(121証券、ODL等)でみることが出来ます。
(↑通常の平均足ですが・・・)



モチベーションキープの為に御迷惑でなければ、1票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ
にほんブログ村

検証コーナー | 2009-04-26(Sun) 15:08:07 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

日経225先物 テクニカルを組合わせた検証

こんばんは。

今回は日経225先物の検証について書こうと思います。

何を検証しようかと思ったのですが、テクニカルを組合わせた場合、
少しでも有効な手法はないかと思っているうちに、

とりあえず移動平均線と乖離率の組合せで考えてみました。

以前に移動平均で売買するとパラメータが検証期間によってバラバラで、
実際には使いずらいという旨の投稿をしましたね。


では、テクニカルを単独で使うのでなく、組合わせたらという設定で検証しました


【検証対象】日経225先物

【検証期間】2006年1月から2009年4月15日

【手法】
エントリー:終値が○日移動平均を上回ったら翌日買い
決済:乖離率が○%になったら翌日決済


【結果】
売買回数: 26回
勝ち回数: 21回
負け回数: 5回
勝率:80.7%
平均利益:0.72%
損益合計:3088円(1000倍ですので⇒308万8000円)


売買回数が少ない割には利益額は大きいですね。。。

ただ、損益曲線でみると最近良くないので、もう一工夫しないと
実戦ではまだまだですし、利益を積み上げていくには更なる検証が必要です。

なので、このままでは使わないで下さい。

↓励みにしたいので1票のクリックお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ
にほんブログ村

検証コーナー | 2009-04-16(Thu) 21:40:25 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

過去の統計をもとににデイトレで優位性を保つには?

今後色々な検証を投稿する予定ですが、
今回は日経225先物で前日大引け値と売買当日の寄付き値の関係について書いてみます。



●225先物の寄付きが前日大引け値より高い日⇒267日
●225先物の寄付きが前日大引け値より安い日⇒269日

結果回数でみると特に大きなバイアスはありません


仮に逆張りで売買しようとした場合・・・・、

●前日大引け値>当日寄付き ⇒ 寄付きで買い&大引け決済
の結果は、-2290円。

●前日大引け値<当日寄付き ⇒ 寄付きで売り&大引け決済
の結果は、-310円。

ここずっとダウントレンドでしたので、売り優位なのは当たり前であっても
単に前日から高く寄り付いたからという理由だけでは、勝ち残れないという事です。

では、売りでもう少し有利にたてる戦略は

●前日の高値より当日の寄付きが高い場合 ⇒ 寄付きで売り&大引け決済
結果は、-540円。

ランダムに高寄りだけで売るよりも、前日高値よりも高寄りなんで有利とおもっても
なかなか良い結果になりません。

では、寄付き値だけに焦点をあてたら??

●前日の寄付きより当日の寄付きが高い場合 ⇒ 寄付きで売り&大引け決済
結果は、+1600円になりました

このように色々検証してみると、少しでも有利にトレードをすすめていくことは
可能になります。ただこの検証程度では十分でないので、曜日、値幅そして
検証期間を長くしないと実用には耐えられません。
(ちなみに今回の検証期間は2007年初めからです)

今後も色々な検証を書いていきます。

↓励みにしたいので1票のクリックお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ
にほんブログ村

検証コーナー | 2009-04-08(Wed) 10:46:17 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 平均足改良版で相場を読む! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース